専業主婦だって、キャッシングが必要なのよ!

専業主婦もキャッシングを使いたい時があるのよね(女性/30代)

女性/30代専業主婦が気楽な職業というのは人によりけりなのかもしれませんが、
私の場合はお気楽そのものです。

子供がいれば別でしょうが、夫婦二人の家庭では専業主婦はすべてが自分のペースで動けるし、
夫が帰るまでは自分の自由に時間を使えるのです。

私が空いた時間についつい使ってしまうのが、スマートフォンです。

パケット代は使い放題プランにしていても、すぐに制限容量をオーバーして、毎月のように追加料金を払う始末でいつも生活費が足りず、夫に適当な理由を付けてお金をもらっていたのです。

パケット料金のことを旦那に相談したところで、家にいる時にスマホばかりいじっているのがバレるだけ・・・。

私はできるだけ旦那には秘密で少しだけ足りないお金を旦那から借りずに済めばいいのに、と考えていました。
そこで、得意のスマートフォンの出番です。

私は専業主婦でもキャッシングができる手段をいくつか見つけることができました。

主婦というより、結婚生活には急な不幸などの冠婚葬祭があり、予測できない出費があるものです。

自分のようにスマホの通信料のようにバカな出費は別として、そういった
緊急事態に備えてのキャッシングはある意味、保険のようなものだと思いませんか?

よくある質問

キャッシングとはどういう意味ですか?

よくキャッシングという言葉は耳にするのですが、実際に利用したことがないと具体的に説明することは難しいものです。

キャッシングは、”金融機関が行う個人への小口融資”という意味です。

もともとの意味としては、銀行や消費者金融のATM(キャッシュディスペンサー)を使って、
カードローン・スタイルでお金を借りることを指していたようです。

しかし、現在のキャッシングというとインターネットから申し込みを行い、後日口座振込にて対応するタイプや専用カードを利用して、限度額までを自由に引き出しできるといったものなど方法は多岐に渡るため、キャッシングと一言では括りきれないというのが現状だということになります。

キャッシングの特徴は使い道が自由であることです。

毎回決まった理由でお金が足りなくなるとも限りませんので、
使い勝手がよいのがキャッシングでピンチを凌げるなら、本当に助かりますよね。

専業主婦でキャッシングする手段は?

専業主婦にはお金を貸したくない・・・というのは金融機関からすれば、当たり前のことですよね。

収入がないのにどうやって返済を行うのかと思うのも当然です。金融業者は慈善事業ではなく、お金を貸すのが商売です。
貸したらその分の利息も含めて、返してもらわなければ仕事として成立しないのですから・・・。

専業主婦は、生計を立てる世帯主がいて成り立ちます。

ひと昔前までは寿退社だといって、結婚を機に女性が会社を辞めるのが主流でしたが、今はあまり聞かなくなりました。
理由は、奥さんにも働いてもらわないと家計が成り立たないからです。

専業主婦で自由気ままに過ごせるというのは、それなりに夫の収入に余裕があるということですので、
世帯主の所得確認ができれば、お金を貸してくれる間口は増えるのです。

しかし、夫の了解を得ることを避けたい場合は専業主婦にもお金を貸してくれる銀行系がオススメです。

キャッシングは旦那にバレませんか?

キャッシングを利用することを家族に知られたくなければ、家や会社に電話が来ない事、
郵送物を自分以外が受け取らない事を抑えれば
難しくないですよ。

もちろん、専業主婦で審査が通るのは限られた金額のキャッシングになりますので、ご注意を・・・。

次の3点を抑えることができれば、キャッシングしていることが
家族に知られるリスクは、ほぼゼロだと言ってもいいでしょう。

  • 収入証明が不要
  • 配偶者の同意が不要
  • 会社への連絡がない

旦那さんにバレずに使えるキャッシング業者を探して、上手にお金を借りましょう。