専業主婦が即日キャッシングする近道とは

専業主婦がストレスで浪費に走るのはおかしいですか?(女性/40代)

女性/40代専業主婦になってから10年が経つでしょうか。

旦那とは歳が離れているせいか、妻は家を守って欲しいと考えているのは、
昭和の考えそのものでうんざりします。

その気持ちとは裏腹に、専業主婦を一度味わうと抜け出すのに時間がかかるのも理解できます。

毎日会社に通うのって、本当に大変ですから…。
私のストレスの捌け口はインターネットショッピングです。

世間から見れば浪費で片付けられそうですよね。狙ったものを安値で買えた時の喜びはひとしおです。

生活費の不足分は、もっぱらクレジットカードのキャッシング機能を利用します。
クレジットカードより金利がお得なカードローンの契約をしようとしたら、無職の専業主婦では契約できず—。

そこで散々悩んだ末に、パートで働くと決意したのです。

このクレジットカードの地獄を解消するために、カードローンを契約したいと必死でした。
生活費即日キャッシングを使えたらどんなに楽だろう…。

パートも慣れた頃、思い切ってカードローンに申し込み
ました。

なんとか無事に審査も通り、晴れてクレジットカードの請求から解放されました!
これから真面目に働いて、カードローンを早く返済できるように頑張ります。

専業主婦の10年間が本当に無駄に思えますが、これで良かったのだと思います。

人生の再出発に年齢は関係ないんです。

口コミ人気No1の主婦向けカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも夫の同意なく借入できる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • プロミス → 30日間の無利息サービス、最短1時間融資、パートやアルバイトで収入がある主婦向け

よくある質問

専業主婦でもカードローンを利用できますか?

金融機関のホームページなどの宣伝に、専業主婦OKという文字を見たことがありますか?

実はよくフリーター、主婦でも利用できると書いている広告は多くあるんですよ。
専業主婦の定義を完全に無職である主婦と限定すると、カードローンの利用は基本的にはNGです。

なぜなら、カードローンは個人の信用を下に行う契約です。

無職で収入がないのにお金を貸すのはリスクが高すぎます。
企業はボランティア活動ではありませんので、きちんと返済してくれる人にお金を貸したいと考えるのです。

万が一、専業主婦でも申し込みOKであれば、それは生計を一にする配偶者の同意が必要、
あるいは配偶者の収入を証明して、その信用の担保に融資を行うといった手続きが必要になるはずです。

他社よりも甘すぎる条件が提示されている場合は、信用できる会社かどうか、
違法な会社でないかを見極める目を持ちましょう。

即日キャッシングを可能にするにはどうしたらよいですか?

今は金融機関でも即日融資、即日審査などをサービスに掲げている会社は多いです。

お金が急に必要になった時は、申し込みをした当日にお金を受け取れたら、こんなに助かるサービスはありません。

ただし、即日と書いてあっても条件をクリアしたければ、
スピード融資を受けられませんので気を付けましょう。

確実に即日キャッシングを可能にするためには、あらかじめ条件を確認しておく必要があります。

この際多めに融資してもらおう!と考えがちですが、
あくまで必要な金額に抑えておくのもスムーズな融資には重要です。

確実に当日融資を受けるための条件例

  • 受付時間を守る(土日・祝日でも融資可能が必要)
  • 申込者の収入に見合った融資可能額である

借り換えはお得になりますか?

カードローンの返済額が予想以上に膨らんでしまい、複数社からの融資を検討している人は多いでしょう。

実際に数社から借入をしていて、返済に追われている方もいます。

そんな時におまとめローンで、1社へ借り入れを一本化すれば、
月々の返済が抑えられるのは、大きなメリットです。

反対にデメリットとしては返済期間が長引くため、トータルの返済額が多く傾向があります。

ローンの借り換えを行う際には、現状を正確に把握しておく必要があります。
一時的なメリットのみに着目しすぎるのはとても危険です。

メリットと同時にデメリットもあるのだと知っておくだけで違いますね。

“おまとめ”は確かに魅力的なサービスですが、
それなりのリスクもあるのだと知ったうえで活用したいものですね。