専業主婦が消費者金融以外でお金を借りるには

夫に黙って借入しました…もうホストクラブ通いはこりごりです(女性/30代)

女性/30代結婚も10年を迎えると、奥様友達も増えてくるものです。

私も幸せなことに、結婚生活の悩みを打ち明けられる友達が何人かいます。
しかし、そんな友人の中には私をよくない遊びに誘ってくる人もいました。

ここでは数年前に友人たちと一緒にハマっていたホストクラブ通いから大変なことになった話をお伝えします。当時、我々の夫婦関係は冷めきっており、同じような境遇の主婦友達とはいつもその話で盛り上がっていました。

そんな中、みんなでホストクラブに行ってみようという話が持ち上がったのです。

私たちはみんな専業主婦で、それぞれの家計を管理していました。
夫の収入を娯楽に使うことで、夫への腹いせにもなると思ったのです。

みんなで行くホストクラブは楽しいものでした。

みんな一回限りの遊びと割り切り、それぞれの生活に戻っていきましたが、
私だけはホストクラブ通いに心底ハマってしまったのです。

生活費に手を付けて、ホストクラブ通いをするようになるのにそう時間はかかりませんでした。

夫は勘のいいタイプなので、食費を切り詰めでもしたらたちまちバレてしまいます。
私はいつもと同じような食事を作るために借入をすることにしました。

収入のない私は消費者金融を利用することができず、銀行のローンでお金を借りました。

肝を冷やしましたが、夫にはまだバレていません。ホストクラブ通いからはすっかり足を洗っています。

よくある質問

専業主婦だと消費者金融を利用できないの?

知識がない私でも、お金を早く借りたければ消費者金融が一番というのは知っていました。

そのため、借入しようと消費者金融業者に足を運んだのですが、無駄足に終わってしまいました。
この理由をご存知ない方もいると思います。

お金を借りるサービスは、総量規制という規則に基づいて提供されています。

総量規制では、収入のない専業主婦には貸し出しをしないことを定めています。
返済能力が見込めないのですから、当たり前かもしれません。

夫の所得証明、本人確認、同意書などの書類を提出できる主婦に対しては例外的に貸し出す場合があります。

しかし、主婦が借入をする理由は大抵夫に対してうしろめたいものです。夫の同意など求められるはずありません。
私の場合も、夫には秘密にしておく必要がありましたので、消費者金融からのキャッシングはあきらめたのです。

銀行なら収入のない専業主婦にもお金を貸してくれるの?

総量規制により、私は消費者金融からの借入を諦めざるを得ませんでした。

しかし、調べていくうちに専業主婦の私でもお金を借りられる方法があることが分かったのです。
それが、銀行のカードローンです。銀行のカードローンは総量規制の対象外になります。

そのため銀行によっては収入のない専業主婦にも貸出をしてくれるのです。

その事実を知った私は専業主婦にもお金を貸してくれる銀行を探し出し、なんとかお金を借りられたのです。
加えて、銀行のカードローンであれば、夫の同意や書類は必要ありません。

これが今なお借入の事実が夫にバレていないからくりというわけです。

専業主婦の方は何かと融資を諦めがちかと思いますが、銀行のカードローンにチャレンジしてみるといいと思いますよ。

よく聞くレディースローンってなに?

レディースローンという言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。

その名の通り女性向けのローンということですが、通常のローンとの違いはなんなのでしょうか。私も気になっていました。調べたところ、レディースローンは女性のオペレーターが終始対応してくれるようです。

対応相手が同性ということで、女性にとって利用しやすいローンということですね。

それ以外の違いはほとんどないようです。
ちなみに、レディースローンだからといって無収入の専業主婦が利用できるわけではないので注意しましょう。

収入がなければ、基本的に利用できるのは銀行のカードローンのみです。

レディースローンを提供しているのは大抵、通常のカードローン業者であり、
総量規制に従った貸出のみを行っています。