少額借りたい人のための気軽なキャッシングとは

さすがにちょっと使い過ぎ?!新米薬剤師のキャッシング体験(女性/20代)

女性/20代前の春に学校を卒業して、晴れて薬剤師になりました。

友達の中には、これまでの学費を奨学金でまかなっていた子もいましたが、私の家は両親が医者ということもあってか、ありがたいことにすべての学費を実家に負担してもらっていました。

そのため、お金に困るようなことはなかったはずなのですが、初めてのお給料をもらってから、
ちょっと調子に乗ってお金を使い過ぎてしまいました……。

薬剤師のお給料は一般的な職業と比べると、比較的高い方だと思います。そうは言っても、私はまだ新米薬剤師です。

それほど家計に余裕があるわけでもないのに、初めてのお給料をもらった嬉しさで
高級ブランドのバッグを買ってしまった
のです。

お陰で、翌月の生活費はギリギリ……。あと数万円足りないという、なんとも情けない状況になってしまいました。

それくらい両親に借りればなんとかなりそうなものですが、
立派な両親への申し訳なさで相談できる状況ではありませんでした。

なんとかして自分の力でピンチを乗り越えようと思い、少額からお金を借りられるカードローンを利用しました。

まさか薬剤師にもなってお金に困るなんて思ってもみませんでしたが、
借りたい時に気軽にお金を借りられるカードローンのお陰で助かりました

よくある質問

カードローンは少額でも借りられる?

お金を借りると聞くと、何十万円もの高額な金額を借りるようなイメージがありますよね。

しかし、カードローンは1万円という少額から借入ができるのが魅力的です。

一度に10万円を借りるとなると少し返済が心配になりそうですが、
たった1万円なら来月の家計を上手くやりくりすれば無理なく返済できそうですよね。

ちなみに、こういった少額のキャッシングであれば、利息もその分少なくなります。

すぐに返済できればさらに利息を抑えられます。

一般的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低く設定されていますが、
少額を借りたい場合ならどちらもほとんど差が出ないでしょう。

お好きなサービスを選んでみてください。

利息なしでお金を借りることはできないの?

お金を借りると、その手数料のような意味合いで利息が発生します。

利息がなければ、お金を貸してくれた方の商売が成り立ちませんからそれは当然ですよね。
でも、サービスを利用する側としてはなんとかして利息なしでお金を借りられないかと考えるものです。

実は期間限定にはなりますが、利息無料でお金を借りることは可能です。

利息なしでお金を借りたいなら、消費者金融や銀行カードローンが提供している無利息サービスを利用しましょう。利息無料サービスとはその名の通り、利息0円でお金を借りられるサービスのことです。

ただし、利息が無料となるのは通常30日間程度までと定められています。

業者が定めた期間内であれば、何度お金を借りても無利息になりますから、
すぐに返済できる見込みがあるなら利用してみるといいでしょう。

お金を借りたことは会社にバレないの?

私の勤め先は病院です。

もしもカードローンでお金を借りたことがバレてしまったら、職場の印象が悪くなってしまいますよね。
そもそも、周りにお金を借りたことのある人がいないのではないかと、肩身が狭い思いをしそうです……。

しかし、カードローンでお金を借りたとしても
会社にバレることはめったにありません
から、ご安心ください。

私がもっとも心配していたのは、カードローンの審査の“在籍確認”でした。

在籍確認とは、職場に「××さんはいますか?」という内容の電話をして、
きちんと本人が在籍していることを証明する手続きを指します。

相手方は会社名を名乗らないので、職場の人に感づかれることはないでしょう。

しかし、それでも職場に電話をしてもらいたくないなら、
社員証のコピーを提出するなど別の手段で在籍確認するという方法があります。

どうしても知られたくないなら、それくらいの対策をしておいた方がいいかもしれませんね。