引越し費用はフリーローンで借りると便利ですよ

引越し費用にフリーローンが大活躍しました(男性/30代)

男性/30代私はIT企業に勤務する会社員です。

私生活でも妻に子どももができ充実した日々を過ごしていますが、今とても困っていることがあります。それは引越し費用のことです。

心機一転して新しい環境に住み移ろうとなったのですが、せっかくだからと思い切り家も購入しようとなり、予想していた額よりも多くかかると分かったのです。

こんな金額、私の収入では貯金を合わせてもとても払いきれません。

たとえ、引っ越し業者さんにも荷物の運搬を頼むのをやめたとしてもお金は足りませんし、
親や兄弟からお金を借りることも考えましたが、なるべく自分たちの力でお金を調達しようと思いました。

そういうわけで、あまり負担がかからずお金が借りられるところを探した結果、
自分たちに合った方法はフリーローンだ!と知ったのです。

フリーローンは、銀行が提供しているサービスで、別名・多目的ローンとも呼ばれています。

銀行から使う費用だけ融資を受け、毎月決まった額を返済していきます。
金利はカードローンよりも低めな商品がたくさんありました。

私たちが選んだフリーローンは、審査に少し時間がかかりましたが、それでもこの方法なら安く収まるため、
使ってみた結果、何とか足りない金額分を補填でき、随分助かりました

いざという時に人にお金を借りるのは、心理的にも負担がかかりますよね。

そんな時こそ、こういったサービスが役に立つのです。

よくある質問

フリーローンのメリットって?

フリーローンはカードローンと違い、審査が厳しめです。

そのため融資に時間がかかりますが、フリーローンのメリットは利用制限がないため、利用しやすい点が挙げられます。利用目的が決まっている場合は何かと規約が多くて、用意する書類などが煩雑で嫌だね…と夫婦で話していたんです。

もう一つのメリットとしては、無担保のフリーローンも銀行系であれば
金利がかなり低く、10%未満のローンもあるんです。

金利も幅を持たせておらず、××%と限定されていれば、
実際に使ってみて返済額が意外と膨らんでしまうリスクも減らせます。

使いやすさの点では、フリーローンは断トツではないでしょうか。

フリーローンといっても各社多様な商品がありますので、比較しながら自分たちにぴったりな出会いを見つけましょう。

ローンは金利だけを気にすればいいの?

ローンを組むと言うと、まず考えるのは金利が低いか高いかですよね。

返済金をできるだけ減らせれば将来の負担が減るので、当然ながら重要な検討事項のひとつです。
では、金利だけ考えたらいいのかと言えば、一概にそうとも言い切れないのがローンの難しいところです。

いくら金利が低くても、返済期間が長くなれば結果金利は膨らみ、
5%の金利で借りたのに他社から10%で借りたのと同じになれば、まったく無意味です。

ローンを検討する際は金利だけではなく、返済方法も気にする必要があります

目先の低金利だけを見ていては、痛い目を合うかもしれませんよ。
低い金利に目がくらむ気持ちも分かりますが、ローンは返済期間も合わせて検討する癖をつけておくといいですよ。

審査が厳しいのはどのローン?

一般的に審査が厳しいと言われるのは、銀行カードローンです。

審査が厳しいため利用する側からすれば、大きなメリットがあるのも特徴です。
金利が低いのは最大の魅力ですが、もうひとつ銀行系には秘密があります。

その秘密は、総量規制対象外の点にあります。

カードローンを取り扱う会社はいくつかの系統に分かれており、
大きく二つに分類すると、銀行系と消費者金融系・信販系・IT系などに分かれます。

銀行カードローンは貸金業法ではなく、金融法での営業となりますので、
総量規制(年収の3分の1以上借入できない)の対象ではありません。

総量規制を受けないため、借入の限度額が高めであるのが目玉です。

年収に左右されない借入が可能になるため自己管理をしっかり行い、借り過ぎには注意しましょう。