急ぎでお金が必要な人のためのカードローン

収入が安定しないのがネックでした(男性/20代)

男性/20代フリーライターとして働き始めて数年になります。

ライターは憧れの職業でしたし、仕事には非常にやりがいを感じています。
とはいえ、毎月きちんと暮らせるだけの収入を得るのは、正直な話かなり難しいです。

忙しくて身ひとつでは仕事が回らない月もあれば、
閑古鳥が鳴いてどこからも依頼が来ない月もあります。

一応、貯金はしているのですが、仕事の少ない月が何か月も続いてしまうと、
そのうち貯金が底をついてしまうのではないかと不安になります。

ある時、このままだとどうしても家計がやりくりできないという月がありました。

あと数日で生活費の引き落としがされるというのに、仕事の入金が間に合わないのです。
毎日仕事で忙しくしていたとはいえ、こんな直前になってピンチに気づくなんて、不注意でした。

急ぎでお金が必要な時に使えるサービスがないかどうか、ネットで必死に調べました。

すると、どうやら消費者金融のカードローンであれば即日融資ができるそうだったので、
さっそくネットから申し込みしてみました。

ネットで手続きすれば店舗でもすみやかに手続きできると聞きましたが、たしかにその通りです。

おかげさまで、その日のうちにお金を借りることができました。
それからというもの、ピンチの時はカードローンを上手に使いながら家計をやりくりしています。

よくある質問

カードローンを使えば即日融資を受けられますか?

急ぎでお金が必要な人におすすめしたいのが、消費者金融のカードローンです。

このサービスを使えば、即日融資を受けられます
ただし、その日のうちにお金を借りるため、手続きの際に気をつけておきたいことがいくつかあります。

まず、申し込みの時間帯です。

即日融資を受けるためには、各消費者金融が設定している
締め切りの時間までに手続きを済ませておかなければなりません。

どの業者もだいたい14時前後が締め切りとなっています。

どうしても今日中にお金を借りたいなら、少なくとも午前中までに申し込みをしておきましょう。
それから、忘れ物などがないように必要書類の準備をしておくのも必要です。

いくら早めに申し込みをしても、忘れ物をしてしまったら申請できません。

必要書類が現在手元にあるかどうかも重ねて確認しておきましょう。

もっとスピーディーに手続きできませんか?

即日融資をうたっている消費者金融の審査は、非常にスピーディーです。最短で申し込みから40分で融資を受けられます。

しかし、この時間はすべての手続きがスムーズにできた場合のことですから、大抵はもう少し時間がかかります。
審査を受けるなら、なるべく時間に余裕をもって臨みたいですね。

ところで、審査をもっとスピーディーにする方法があります。

それは、あらかじめインターネットから申し込みをしておくことです。
24時間365日いつでもアクセスできるネットを使えば、空いている時間に仮の手続きができます。

これをやっておくことによって、審査の手続きをよりスムーズにできます。

忙しくてなかなか時間が取れない方や人目が気になる方は、
ぜひ消費者金融のホームページから申し込みしてみてください。

即日審査と即日融資の違いは?

“即日審査”と“即日融資”の違いは、その日のうちにお金を借りられるかどうかです。

即日審査というのは、その日のうちに審査までできるという意味ですね。
つまり、逆に言うと融資を受ける段階まで進むのは難しいということです。

どうしても急ぎでお金が必要なら、即日融資をうたっている業者を利用しましょう。

どちらも似ている言葉ですから、間違えないようにお気をつけください。
大手の消費者金融や銀行カードローンでは、今はほとんどの業者で即日審査・即日融資が可能となっています。

ただし、振り込みによる融資を希望する場合は、土日祝日だと銀行の営業状況のため、
取り扱いが翌営業日になる可能性があります。

ATMからお金を引き出す分には曜日に関係なく利用できますから、
即日融資を希望する場合は事前にきちんと確認しましょう。