派遣でも借りれるカードローンを探しています

足りない生活費をカードローンでまかなっています(男性/40代)

男性/40代まだ正社員としてバリバリ働いていた30代の頃に病気をしてしまいまして、
やむなく仕事を辞めることになりました。

それから復帰して派遣社員として働いています。

妻と離婚し、2人の子どもとも離れ離れになってしまいましたが、
幸いなんとか仕事にありつけました。

自分の身ひとつ養えばいいので、前よりも気持ちは楽になりました。

しかし、そうは言っても派遣社員としての給料は以前の職場とはかなり金額に差があります。
養うものがないとはいえ、毎日を暮らしていくだけで精一杯の状態です。

そんな私が自分の暮らしを支えるために利用しているのがカードローンです。

カードローンとは、簡単に言うと気軽にお金を借りられるサービスのことです。

たとえば、給料日前に生活費の引き落としに間に合わない時など、
どうしてもお金が足りない時にお金を借りて、お給料が入ったら返済しています。

このように、生活費のためにカードローンを利用する人は少なくないそうですよ。

私は病気をした年齢が悪かったため、正社員として復帰できませんでした。
もう暮らしていけないのではないかと不安になったこともありましたが、いざ生活してみるとなんとかなるものです。

あなたも生活費の支払いにお困りの際は、派遣でも借りれるカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

カードローンを生活費に利用する人っているの?

あるアンケート調査によると、カードローンの利用目的の中でもっとも多いのが、
“娯楽・交際費” (48.3%)という結果になりました。

ちなみに、その次に多いのが “生活費” (42.2%)となっています。

1位と2位の差はそれほど開いていませんから、
生活費のためにカードローンを利用する方がどれくらい多いか分かるでしょう。

しかも、1度きりの利用ではなくて、ちょっとしたお金が足りない時に定期的に利用する方が多いようです。

このように、生活費の足しにするためにカードローンを使う方はかなり多くいます

「生活費が足りないのは自分だけなんじゃないか……」とは思わずに、
いざという時は利用してみるのがいいかもしれません。

派遣でも借りれるカードローンはある?

ただでさえ生活費のやりくりで精一杯な派遣社員ですが、これでもお金を借りられるのでしょうか?

実は、派遣でも借りれるカードローンは数多くあります
ちなみに、派遣社員だけでなくて、アルバイトやパートでもカードローンの審査に合格できるそうですよ。

収入が少ないからと言ってあきらめないでください。

カードローンの審査では、収入の多さではなくて、どれくらい長く同じ職場に勤めているかが見られるそうです。
なぜなら、同じ職場でずっと働いていると、それだけ安定して収入があるからだそうです。

私も今の派遣会社にもう何年も勤めています。

主婦や学生さんでも、働き続けている実績があればお金を借りられるそうですから、
まずは申し込みしてみてはいかがでしょうか。

どうしても返済に間に合わない時はどうすればいい?

カードローンを利用して生活費のやりくりをしていると、
どうしても返済期日までに支払いが間に合いそうもない時がありますよね。

そんな時は黙って滞納するのではなくて、
利用しているカードローンの業者に電話連絡してみるといいかもしれません。

場合によっては返済期日を遅らせてもらうなど、何か対策をしてもらえる可能性があります。

ただし、この方法は銀行カードローンでは対応してもらうのが難しいそうですから、お気をつけください。
消費者金融の中には店舗に有人窓口を設けて、こういった返済の相談を受けつけているところもあります。

電話でのやり取りが不安な方は大きな駅の近くにある消費者金融の店舗など、相談できる窓口を探してみてください。

当然ですが、滞納を何度も繰り返すなどしている場合は対応してもらえないこともありますから、お気をつけください。