消費者金融の審査を通り、専業主婦でもお金を借入できる

専業主婦の私でもお金を借入することができ、助かりました(女性/20代)

女性/20代私は高校卒業後、進学をせず就職を選びました。

理由は家の暮らしが大変であったため、とてもじゃありませんが、
私が大学に進学するための学費などが払える家計状況ではありませんでした。

そのため家計を助けるために働くことを決めたのです。

ファミレスで私はパートとして勤務していたとき、
職場先の男性と意気投合しお付き合いを始め、結婚をしました。

今は結婚を機に仕事をやめ、専業主婦として家事を頑張っています。

そんな生活を送る中、高校時代の友人から飲みに行こうと誘われました。

仲の良い友人からの誘いのため、行きたい気持ちは強いのですが、
働いてない私には収入がないので誘いに応じるのが難しいのです。

しかし、久しぶりに友人と飲みに行く機会をつぶしたくはありません。

どうすればお金を調達できるか考えていると、
パソコンで専業主婦でもお金を借りられる方法があることを知りました。

とはいえ専業主婦で収入がないため借りることはできないと思い不安でした。

しかし、根気よく探してみると、数は少ないですが専業主婦でも
カードローンに申し込め審査に通るところがあったのです。

銀行のカードローンでお金を借入できたおかげで、友人との飲み会を楽しむことができました。

口コミ人気No1の主婦向けカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも夫の同意なく借入できる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • プロミス → 30日間の無利息サービス、最短1時間融資、パートやアルバイトで収入がある主婦向け

よくある質問

専業主婦でも消費者金融でお金を借入できますか?

専業主婦ならだれでも悩むのが、自身の収入がないため消費者金融を利用できないことではないでしょうか。

私も専業主婦であったため、カードローンの審査には通るはずがないと思っていました。
しかし思いもよらないことに、専業主婦でも使うことができる銀行カードローンがあったのです。

そのおかげで私も安心して利用できました。

総量規制が施行された後、収入がない専業主婦は消費者金融のカードローンを利用できません。
総量規制という法律の対象となってしまう消費者金融のカードローン業者は、専業主婦を受け入れていないのです。

しかし、総量規制の対象外である銀行カードローンなら、
専業主婦でもカードローンを申し込める環境を作っています。

ちなみに、中には配偶者の同意書なしで借入できる銀行カードローンもあります。

どうしても旦那さんに知られずにお金を借りたいなら、
こういったサービスを利用するのがいいかもしれませんね。

専業主婦が業者を選ぶとき何を見ればいいの?

専業主婦がカードローンやキャッシングを選ぶ際、まとまったお金が借入できるのか、
すぐに金を借りられることなど人によって選ぶ基準は違うと思います。

そこで今回は専業主婦がカードローンを選ぶ際のポイントを挙げていきます。

皆さんがカードローンを選ぶとき、金利を気にすると思います。
金利には幅が設けていますが、だいたいの場合は上限金利が適用されると思っておきましょう。

たとえば、4%~15%なら、15%が適用されるはずです。なぜなら、専業主婦の利用限度額は低く設定されます。

一般的には金利と利用限度額は反比例の関係にあるため、専業主婦だと上限金利が適用する可能性が高いです。
できるだけ低金利で利用するなら上限金利が低い業者を選びましょう。

また、専業主婦で収入がない人は配偶者貸付制度を使うことになるでしょう。

その際気を付けたいのは配偶者の同意確認の電話があるところや、配偶者の勤務先情報を記入するなどです。
旦那さんに秘密で借入したい方は、事前によく確認しておきましょう。

専業主婦はどうしても消費者金融では借入できない?

専業主婦は、総量規制の対象となる消費者金融では借入できません。

しかし、銀行カードローンの審査に通らないなど、どうしても消費者金融から借入したいなら、
アルバイトやパートとして働き始めるのをおすすめ
します。

意外かもしれませんが、カードローンは正社員として働いていなくても利用できるのです。

旦那さんのいない間に家事の負担にならない程度に働けば、
収入があるということで消費者金融からも借入できるようになります。

どうしても消費者金融を利用したいなら、気晴らしにもなるでしょうから少しでも働いてみてはいかがでしょうか?