無利息期間中に返せば、カードローンの利用料なし

通信講座の費用をカードローンで、一括で払いました(女性/30代)

女性/30代私は花屋さんで働いています。

子供のころから花が好きだったので、花に囲まれて仕事するのは楽しいです。
けれど、裏では力仕事もたくさんあり、毎日へとへとになってしまいます。

平日のストレスを発散するように、つい休日には遊びに行って
お金を使い過ぎてしまい、貯金はあまりありません

そんな中、同僚からフラワーアレンジメントの資格を、通信講座で勉強して一緒に取らないかと誘われました。

花屋は資格がなくても働けるのですが、持っていたら自信を持てるかもと興味が湧きました。
費用は一括払いと分割払いがあって、一括の方がお得だけど、払うのが厳しい金額でした。

もうすぐボーナスが入るから、そうしたら一括で払えるのにと残念に思いました。

やる気があるうちに申し込みたいのにと迷っていたとき、
無利息でカードローンを利用する方法があることを知りました。

無利息期間中に借りたお金を返せば、一括でお得に講座を受けられます。

一年間勉強して、無事に資格を取ることができました。
ちゃんと講座で学んだことにより技術も上がって、お客さんに褒められることが多くなりました。

無利息期間が終わる前にお金を返し終わったので、利息分は全然払ってません。

こんなサービスがあるならもっと早く利用すればよかったです。

よくある質問

本当に利息がかからないように借入することはできるんですか?

金融会社によっては、一定期間無利息で貸し出しを行っているところがあります。

無利息期間中に返済し終われば、利息を払わずにお金を借りることができます。
基本的に契約した日の翌日から、無利息期間は始まることが多いです。

借り入れた日からではないので注意してください。

無利息期間を利用するときには、契約から借入まで間を開けないようにしましょう。
無利息期間は30日間のところが多いので、30日以内に返せるなら無利息のカードローンはお得です。

そのようなサービスがあることを覚えておくと役に立つと思います。

長期間借りたい場合は無利息のところより、低金利の銀行または消費者金融で借りることをお勧めします。

どうして無利息で借りられるんですか?

金融機関も競争が激しくなっています。

一般的に消費者金融よりも銀行の方が金利が安いので、お客さんは銀行の方に流れがちです。
無利息期間は、銀行や他の消費者金融に対抗するために取り入れられたサービスです。

無利息で貸し出しをすることにより、お客さんに集まってもらおうと考えています。

無利息期間は、基本的に初めて利用する人を対象にしたサービスです。

無利息で返済が終わった場合は金融機関に利益が出ませんが、
その後もその消費者期間を利用してもらえば会社にも利益が出ます。

お試しキャンペーンみたいなものです。

私も利用してみるまではカードローンって利息分のお金が余計にかかるし、手続きも大変そうというイメージでした。

けれど実際に利用してみると簡単に申し込めて、
使いたいときにお金が借りられるのは便利だと実感できました。

カードローンに興味があるけれど、抵抗があるという方は、
一度無利息期間に借りてお試ししてみてはどうでしょうか。

無利息のカードローンを利用するときの注意点はありますか?

返済するとき、無利息期間を過ぎてしまわないように注意してください。

期間を過ぎてしまうと、通常の金利が適用されて利息を支払うことになってしまいます。
カードローンのサービスは、無利息期間中にも返済日があることが多いです。

返済日があったら、通常の月と同じように最低返済額は返済しなくてはなりません。

無利息サービスとは、無利息期間中ならいつ返済しても大丈夫というわけではないので、気を付けてください。
ちなみに、返済日に支払いができなかった場合は、その時点で無利息期間が終了し翌日から利息が発生します。

無利息でお金を借りるときは、特に返済の計画をしっかり立てましょう。

借り入れが長期にわたる場合には、低金利のカードローンを利用した方が安心かもしれません。