無担保で借入ができるのは便利ですよね

時間が不規則な看護師にも、無担保借入が便利です(女性/30代)

女性/30代看護師になって、早15年が過ぎようとしています。

気がついたら、看護師長目前のところまで走り続けてきました。

看護師は給料がいいと世間では言われていますが、
勤務する病院により待遇がかなり違うのが現実です。

普通のOLさんに比べたら夜勤手当などもつくし、自分の身を削って
お金に換えているといっても過言ではないほど、ハードワークです。

普通の会社員なら、仕事帰りに同僚と飲み行くというのは当然かも知れませんが、
ナースはシフト制で偉くなると部下のフォローもするので、思うような時間に帰宅できないが日常です。

嫌で辞めていく仲間たちも山ほど見てきました。

時々は限界ギリギリの心身のストレスを発散しに、わざと高級な店で飲食をし、
優越感に浸るのが唯一の楽しみだったかもしれません。

時々ならよかったのですが、先輩の威厳もあるので、後輩の分の飲食代金を支払うことも多くありました。

いつもカード払いだったので、請求書が届くとぞっとしたものです。
いくらナースの給料がよくても、過信からか収支のバランスが崩れるんです。

そんな時、無担保で借入ができるのを知り、今では便利なのでよく利用します。

看護師は時間が不規則で銀行に行けないときもあるので、借入しやすいローンがあると本当に心強いです。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

無担保で借入するとは、どういうことですか?

無担保借入とはその名の通り、無担保でお金を融資してくれることを指します。

たとえば、住宅のように一生物の大きな買い物でローンを組むとしたら、
通常銀行から担保を求められるようになっているはずです。

そして万が一、返済が不能になった時には担保を差し押さえて、貸し倒れの際の損失補てんに用いられるのです。

通常、多目的なローンなどは少額融資なので、担保は求められません。
キャッシングやカードローンが無担保融資に該当し、審査も簡単に済む気軽さから、活用する人も多いでしょう。

担保がある融資とは違い、金額が少なければ書類の用意が不要な場合がほとんどですので、
急にお金が必要だという場合にもとても便利です。

カードローンの審査は簡単ですか?

カードローンの審査は簡単です。

借入する金額にもよりますが、50万円以下なら収入証明は不要など借りる側にとっては、
面倒が一つでも少ないほうがよいのです。

審査で重要なのは、定期的な収入があるかどうかが一番重要です。

お金を借りるのですから、計画的に返済できるのかは貸す側もきちんとチェックしなければいけません。
審査は個人の信用情報・年齢・収入の有無・ほかでの借入状況など、総合的にみています。

会社員であれば、勤続年数なども記載しますが、個人の信用を計る目的があるのだと知れば、納得がいきます。

しかし、神経質になり過ぎはいけません。自分の情報は包み隠さず正直に申告すればいいだけです。
間違っても審査を通りやすくするために、偽りの個人情報を記載しないようにしてください。

故意に情報を偽れば、詐欺罪を問われる可能性をお忘れなく…。

カードローンを申し込むと、必ず職場に連絡がきますか?

カードローンの申し込みを行うと、決まって会社に在籍確認の電話が入ります。

会社の名前を名乗らなかったとしても、なんとなく”あの人、カードを作ったのね…“と電話を受けた人なら分かります。
ただし、ほとんどが個人名で電話をかけてくるので、カードローンの申し込みをしたとは思わないはずです。

企業によっては、WEB完結申込で職場への連絡も行わない場合もあります

条件は指定の銀行口座を持っているなどかなり限定的ですが、
絶対に入電を避けたい人は先に銀行口座を作っておくという裏技もあります。

お金を借りることは非常にプライベートなことですので、周りの人に知られたくないのは当然です。

カードローンはたくさんの種類がありますので、よく条件を比較して
自分が納得できる融資を受けられるよう、下調べは必要なのですね。