愛犬の治療費が払えない時の対処法について

シロが病気に!でも犬の治療費が人間より高いなんて(男性/40代)

男性/40代うちには、シロという老犬がいます。若い頃からずっと飼ってきました。

この歳まで独身で独り暮らしのものですから、シロは私の家族そのものです。
仕事がキツい時も家でシロが待っているのだと思ったからこそ、頑張ることができたのです。

しかし、ここまで病気ひとつせず元気だったシロも歳のせいでしょうか、
ついに体を壊してしまったようです。

様子がおかしいと思って動物病院に連れて行ったら、膀胱の病気と診断されました。

これからどれくらい先があるかは分かりませんが、とにかく継続した治療が必要になるということです。
これまでは一切通ったことのなかった動物病院に、定期的に通うようにと言われました。

「人間も犬も歳を取ったら仕方がない……」と思ったものの、帰りがけに治療費を告げられて、思わずエッと声を上がてしまいました。

提示された金額が、あまりに高いのです。犬の治療費がこんなに高いなんて知りませんでした。

今回はなんとか手持ちの金でなんとかなったものの、
この安月給であの治療費はとてもではありませんが払えないでしょう。

これからどうしようと考えた結果、お金が足りない時はキャッシングで少しばかり借りることに決めました。

大好きなシロと残された時間を楽しむためにも、頑張って働きたいと思っています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

犬の治療費はそんなに高いのですか?

私も信じられなかったのですが、犬の治療費は人間の医療費と比べてもかなり高いです。

というのも、私たち人間の医療費は毎月健康保険を支払っているので、
いつも大部分を負担してもらっている状態なのですね。

だからこそ、あんなに安い金額で治療を受けられるのです。しかし、犬の治療費には健康保険がありません。

治療の全額を自分で負担しなければなりません。
最近では、こういった動物のためのペット保険のサービスも出てきているようです。

それにしても、ペット保険には毎月それなりの金額がかかりますから、
ギリギリで生活している私が加入できるはずもありません。

こうなるとやはり、いざという時にお金を借りられる
キャッシングのようなサービスが頼りになる
わけです。

ペット保険とカードローン、使うならどっち?

動物が病気になって通院したときに、治療費の大部分を負担してもらえるのがペット保険のサービスです。

しかし、ペット保険に入っているからと言って、治療費を全額負担してもらえるわけではありません。
毎月支払う金額によって、3割~5割くらいまで負担してもらえる金額を選べるようになっているようです。

また、ペット保険は病気になった後では加入できないということもあります。

愛犬がピンチになったとき、いつでも対応できる融資のサービスを選びたいなら、
キャッシングの方が融通がききやすいと言えるのではないでしょうか。

必要なときだけお金を借りられて無理なく返済していけるので、突然のトラブルにも対応しやすいです。

私には毎月の保険料を払うのが難しかったので、キャッシングを選びました。

キャッシングの申込みはどこでできますか?

キャッシングの申込みは、インターネット上の業者のホームページから行うか、
あるいは業者の店舗へ足を運んで店内で行い
ます。

インターネットからの申し込みなら、パソコンやスマホから個人情報を入力するだけなので比較的簡単です。
家や職場など、どこにいても手続きできるのが便利ですね。

一方、消費者金融などの業者の店舗で手続きする場合は、自動契約機という中に人が入れるような機械で手続きをします。

店舗内は無人となっていて、手続きは機械を通してオペレーターと通話しながら行います。
これなら、人と会いたくない場合でも安心ですよね。私が申し込みした時はネットから申し込みしました。

手軽に手続きしたいなら、どちらかというとネットがおすすめですね。