結婚費用にもカードローンはおすすめです

結婚費用にカードローンを利用しました(女性/20代)

女性/20代学生時代から付き合っていた彼とようやく結婚の話が整い、
ハワイで盛大に挙式を行うことが決まりました。

ハワイでの結婚式は昔から憧れで、結婚が決まってからは彼と
ブライダルプランを練るのが、本当に楽しくて仕方ありませんでした。

ドレスはオーダーメイドで現地まで持っていく予定で、招待客を大勢は呼べませんが、
私たちの想いがぎゅっと詰まった結婚式にしたい・・・。

学生時代から結婚を意識していたので、貯金はそれなりにしていたつもりですが、私の浪費癖もあり。

どうしても全額キャッシュで支払うのは難しいことでした。そこで検討したのが、ブライダルローンです。

銀行系に限らず色々な金融機関でパンフレットがあり、私たちは早速ブライダルローンの審査を
受けることにしたのですが、かなりの時間を要したことを覚えています。

そこで、私たちが発想の転換で利用を検討することにしたのが、低金利のカードローンでした。

カードローンは特にお金の使い道は限られていません。

ハワイでは、上司へのお土産の購入代金もあるし、滞在中の食事代などは私たちが持つことにしたので、
自由に使えるならこちらのほうが便利だという結論に至りました。

結果として、使い勝手がよいカードローンをブライダル費用に充てたのは大正解でしたよ。

よくある質問

ブライダルローンはどのようなものですか?

ブライダルローンとは、銀行などが提供する”目的ローン“のうちの一つです。

住宅や車の購入にローンを組むことと同様に、分割にして費用の支払いを行うためのものです。
結婚式や指輪、新婚旅行などの使い道に認められるのが特徴です。

取り扱う金融会社でも返済条件や利息、借入金額の上限が違うというのも覚えておくといいでしょう。

年収が400万円以上の方、月々の収入が安定している方・・・といった具合に、
審査の入口にすら進めないという人もいるでしょう。

また、勤続年数もはっきりと条件に入っているので、
限られた人しか利用できないのがブライダルローンと言えるでしょう。

社会的に安定した生活を送っている人たちが利用できるのではないかと思います。

私たちのように20代前半のカップルは、入社年数が浅い場合があるので、
審査が厳しいローンは無理だというのも実感しました。

ローンは金利だけで判断すればいいですか?

ローンを選ぶ判断材料に金利はとても重要です。

しかし、金利だけで判断できないのがブライダルローンかもしれません。
お金の使い道が厳密に制限されているのが、目的ローンです。

ブライダルといっても結婚というのは、結婚式さえ終われば
それで良いということはなく、その後の生活の準備があります。

新居の契約、家具・家電・・・挙げるとキリがありませんが、
本当にいくらお金があっても足りないのが人生の一大イベント、結婚です。

式場にいくと、話の流れでブライダルローンをあっせんされることは多いものです。

ある程度、自分たちで話合いをしておくことも必要ですね。

結婚式にオススメなのは、どのローンですか?

結果として、結婚資金が足りないときにオススメなのは低金利のカードローンです。

ブライダルローンと見比べてみても、金利面で遜色がないカードローンも多く存在します。
結婚式場では提携しているローン会社があるはずですが、必ず使わなければいけないということではありません。

結婚式の費用の支払いが心配であれば、早めにカードローンを使える準備をするのがベストです。

式場によっては費用が前払いの場合も多くありますので、
余裕を持って、資金の調達先を確保するのがベストです。

万が一、ローンの審査が通らなかった場合、改めて別のカードローンを申し込むというのは、
書類の準備や手続きに時間がかかるのです。

結婚式の席順よりも実は費用をどうするかというのは、最初に話し合うべきなのでしょうね。