美容整形はカードローンで足りない分を補おう

女は見た目にお金がかかって当たり前!(女性/30代)

女性/30代20代まではまったく気にならなかったのですが、
30代も半ばに差しかかってくると、顔のシワが気になるようになってきて……。

ほうれい線がすごく目立つようになったんです。

「あれ、私、前からこんなにキツい表情だったっけ?」って思い始めたら、
もうどうしようもなくなりました。

仕事にも身が入らないし、こんなことでクヨクヨ悩むくらいなら美容整形で施術を受けようと決めました。ところが、いざ調べてみると、ほうれい線を消すための美容整形には、思った以上にお金がかかりました。

別に何十万もかかるわけではないのですが、平社員のお財布には結構なダメージです。

しかも、施術は1回で完結するわけではなくて、効果が消えたらまた通わなければならないんですよね……。
まあ、美しくなるためにはこれくらいの出費は当たり前なのでしょう。

ひとり暮らしなので、特定の月に出費が重なるのだけは避けたいと考え、カードローンを利用することに決めました。

毎月、無理のない金額ずつ返済していけばいいので、クレジットカードの支払いよりもずっと楽です。

美容クリニックへ通うようになってから、「とうとう私もオバサンの仲間入り……」と
暗くなっていた気持ちが前向きになったような気がします。

化粧品だけではどうにもならない症状には、思い切ってお金を使うべきですよね。

よくある質問

カードローンのどこに魅力を感じたのですか?

私はひとり暮らしのOLで、平社員なのでそれほどお金を稼いでいません。

とはいえ、少しずつですが貯金もしているので、極端にお金に困っているわけでもないのですが……。
そうはいっても、特定の月に一気に支払いが重なるのは、ちょっとキツいですね。

大きな買い物をしたら、少しずつ無理なく支払っていきたいと考えていました。

カードローンはそんな私のニーズに合ったサービスでした。カードローンには“最低返済額”というものがあります。
最低返済は消費者金融ごとに異なりますが、4000円前後が平均のようです。

つまり、カードローンでは、いくらお金を借りたとしても最低でも4000円前後を入金すればいいのです。このように、その月に借りたお金を必ずしも次の月に全額返済しなくても大丈夫なところに、魅力を感じました。

美容整形にローンを使う人は多いのでしょうか?

そもそも、カードローンやキャッシングで融資を受ける時、お金の使い道はそれほど関係ありません。

美容整形が理由で審査に落ちるようなことはありませんから、ご安心ください。

近頃は格安のエステやサロンが多く登場していますが、クリニックで高い技術を持つドクターに
施術してもらう美容整形は、どうしてもコストがかかってしまう
のが現実です。

美容整形のためにローンを組むのはまったく珍しいことではありません。

5万円から10万円の出費でも、ひと月に一気に支払いするよりも、
分割して支払いをした方が家計はずっと楽になりますよね。

美容整形の効果はずっと続くわけではありませんから、今後も何度か通う必要があるわけです。

1度きりのことではありませんし、長い目で見ればカードローンを利用してみてもいいでしょう。

クレジットカードのリボ払いとはどう違うのですか?

支払を何回かに分けられるという点では、カードローンもクレジットカードのリボ払いもほとんど仕組みは変わりません。

ただ、クレジットカードのリボ払いは手数料がかなり高くつくのです。
消費者金融でお金を借りるのに抵抗がある女性は、どちらかというとイメージの良いリボ払いを選ぶ方が多いようです。

しかし、これだと手数料だけでかなりの損をしてしまうことになりかねません。

今はかつてと違って、消費者金融のイメージもかなり良くなりました。
それなら、わざわざリボ払いを選ぶよりもカードローンを使って、お得に支払いした方がいいですよね。