自営業のキャッシングでピンチを乗り切ろう

自営業には厳しい、世の中かと思っていましたが…(男性/20代)

男性/20代プログラマーの仕事を始めたのは、大学を卒業してからすぐの話です。

就職活動中にもう働きたい企業がないと見切りをつけ、
親の自営業を手伝いながらプログラマーとして独立するのを目指しています。

家業の自営は結構儲かっているようで、従業員を雇うだけの余裕はありました。

自分の目標があるものの、どうしても家業という保険があるだけ、
モチベーションがそこまで上がらないのが問題ですね。

決まった収入を約束されているため、浪費に走る傾向が強くなりました。

私の浪費と言えば、趣味のロードバイクです。
お金をかけようと思えばいくらでもかけられるのは不思議です。

仲間からはお前のバイクは高級車並みだと、からかわれていますよ。

私はファッションにもお金をかける性質で、クレジットカード払いと
バイクローンを合わせると、今の給料では到底払えない額
でした。

親父は昭和生まれの堅物で、とてもお金を貸して欲しいとは言えません。

そこで思い切ってカードローンを利用しようとしたものの、自営業には世間は冷たいものなんですね。
それでもなんとか自営業専用のキャッシングを探し、契約までこぎつけました

複数社からの返済を早く済ませたいので、そろそろ本気をだそうかなと思っていますよ。

まあ、これからの私を見ていてください。

よくある質問

自営業専門のカードローンはありますか?

自営業の方は、とかく不安定とみられがちですよね。

事業の規模にもよりますが、創業年数が長ければそれほど心配する必要はないと思います。
単純にいえば金融会社はお金を貸して、きちんと返してくれる方に利用してもらいたいだけなのです。

ただ、一般的に自営業や個人事業主は給料が歩合の方も多く、
中には資金繰りに苦戦している場合もあるので、一般的なカードローンの利用には不利に働く場合があるのです。

そんな時は、自営業の方へ専門的に貸し出してくれるキャッシングや
カードローンも存在します
ので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

また、事業に必要なお金であれば、個人向け融資という位置づけでなく、
事業主向けの融資を利用するのもひとつですので、視野を広くして選択するとよいでしょう。

自動車ローンがある場合は、新たな融資は難しいですか?

例えば、自動車ローンの返済が残っている人が新たにカードローンが
利用できないのかと言えば、そうではありません。

マイカーローンや住宅ローンがあっても、新たにカードローンの利用は可能でしょう。

なぜなら、住宅ローンや自動車ローンは、総量規制対象外だからです。
(総量規制=借入総額は、年収の3分の1までとする法律)

ただし、総量規制対象外であるか否かに関わらず、カードローンは利用する会社が増えれば、
それだけ返済日が月に何度も訪れることになります。

返済のために新たに借りてしまう現象が起こりやすいため、新規の契約は慎重に行うとよいでしょう。

カードローンは必要な時に必要な分を借りるのが、上手に付き合うコツとなります。
融資を受ける前には一度パソコンなどを利用して、返済プランを立てておくことをおすすめいたします。

複数社からの借り入れをしてもよいでしょうか?

複数社から融資を受けるのは、その後の返済が厳しくなるというデメリットも生じてきますので、
可能であれば契約企業の限度額増額を利用してみてはいかがでしょうか。

新たに審査は必要となりますが、返済日がまとめられていたほうが、
管理しやすく返済プランも立てやすくなるのです。

何社か借り入れをした経験のある方ならご存じかと思いますが、1カ月はあっという間に過ぎてしまいます。

給料日のあとは、様々な生活費の支払いもあるでしょうから、
2~3社への返済があれば口座残高の管理も大変になります。

借り入れする企業は少ないに越したことはありませんね。