自営業が消費者金融を使いたくなる時とは

お金を借りて、溜まっていたストレスを発散(女性/40代)

女性/40代OLとしてバリバリ働いていた時にもそれなりにストレスはありましたが、自営業を始めて1日中家に閉じこもりっぱなしのこのストレスよりは、まだマシだったのかもしれないと思うことがあります。

夫は平日会社に行っているので、家には話し相手もいません。

これで仕事が順調だったら良かったのかもしれませんが、
私の事業の売り上げはそれほど芳しくありませんでした。

すでに子どもを持っている学生時代の友達から聞いた話によると、
専業主婦でもパチンコにハマる人は多いそうです。

できることなら外へ出かけて、思い切り遊びたい――そんな思いから、次第にギャンブルに興味を持つようになりました。

私は家で仕事をしていますが、スカッとするような気持ちになれば何か変わるかもしれないと思い、
お金を借りて遊んでみることにしました。

こうして、近所の国道沿いにある無人店舗で申し込みをして、カードローンでお金を借りたのです。

消費者金融でお金を借りた結果、パチンコのためとはいえ以前より外出する頻度が増えました。
ギャンブルのスリルが適度な刺激になったようで、スッキリとリフレッシュした気分で仕事に集中しています。

女性なのにお金を借りるのはちょっと抵抗がありましたが、実際に利用してみるとそれほど気になることもありません。

こんなに気持ちがさっぱりするなら、少しくらいお金をかけても遊んだ方がいいですよね。

よくある質問

自営業の場合、申し込みに必要な書類は何ですか?

カードローンの申し込みには、基本的に本人確認書類と収入証明書類の2つが必要になります。

このうち収入証明書類については、借入額が50万円以上の場合にのみ提出が求められます。
これは、会社員でも自営業でもまったく同じです。

ただし、会社員が“給与明細”や“源泉徴収票”で申請できるのに対して、
自営業の方は“納税証明書”をはじめとした公的な書類を提出しなければなりません。

自営業は一般的な会社員と違って、不正を行いやすい立場にあります。

本人にそんなつもりがなかったとしても、これも審査で通るためには仕方のないことなのです。
お金を借りるならあらかじめ書類の準備を忘れないようにしておきましょう。

自営業の在籍確認はどのように行われるの?

カードローンの審査には“在籍確認”という項目があります。

これは、消費者金融業者のスタッフが申し込みをした本人の会社に電話をかけて、
本当に本人がいるかどうかを確認するというものです。

しかし、様々な事情によって電話による在籍確認が困難なケースでは、
社員証のコピーを提出するなど別の方法で代用してくれることがあるそうです。

このように、在籍確認は一見すると意外と柔軟に対応してもらえるかと思いきや……
自営業の場合は、必ず会社に電話がかかってくるそうです。

つまり、自営業に限って電話による在籍確認は必須となっています。

審査をする消費者金融側からすると、その会社が本当に営業しているのかどうかを
たしかめる意味合いも含めて、在籍確認を行っているようです。

したがって、申し込みをしてから数日は会社あてに電話がかかってくるのを留意しておきましょう。

身の回りの人に隠したいなら、特に気をつけておきたいですね。

自営業が融資を受ける際に気をつけた方がいいことは?

会社員がお金を借りるよりも、何かと気を遣う自営業ですが、
もっとも気をつけなければならないのは不正をしないことです。

自営業で働いていると、最悪、会社で発行する書類の数字を自在に修正できる立場にあります。

ネット上に出回っている情報の中には、こうした自営業という立場を利用して、
データの改ざんをしてまで審査に通ろうとする手口も示唆されています。

しかし、このような不正は会社の信頼を貶める犯罪行為です。絶対にやめましょう。

お金を手にすることは、チャンスを手にすることです。お金が足りなくて
どうしても満たされない部分があるならば、少しくらいこういった金融サービスの力を借りてもいいかもしれませんね。