私でも貸し入れできる業者はありませんか?

結婚は諦めていたはずなのに、まさかの婚約(男性/50代)

男性/50代30代くらいまでは、周りの目が気になるあまり、とにかく結婚したくて仕方がありませんでした。

しかし、女性から人気のない自分は恋愛結婚とはほど遠い存在です。お見合いのようなことを何度もして、本気で結婚相手を探していたのですが、それでも運命の人は現れず……。

40代に差し掛かる頃にはもうほとんど諦めかけていて、
このまま一生ひとりで生きていく覚悟を決めたものです。

それなのに、50代に差し掛かってまさか両想いの相手ができて、
熟年結婚することになるとは思ってもみませんでした。

一生独身でいるものだと決めつけていたので、この歳で未だにフリーターをしており、貯金もそれほどありません。

こんな私との結婚を受け入れてくれた相手には感謝していますが、とにかく結婚をするにはお金がかかります
身内だけの簡単な式にしようと思いますが、それでも大した出費です。

すぐに現金を用意するために、消費者金融から貸し入れしようと考えました。

審査に通るか不安でしたが、フリーターでもアルバイトで長らく働き続けていたせいか、無事に合格できました。
貸し入れをしたお金を結婚資金にして、今ではアルバイトではなく契約社員に就職しました。

いきなりこんな形でお金が必要になるなんて、人生何が起こるかわかりませんよね。

よくある質問

フリーターでも貸し入れできる?

カードローンやキャッシングは、フリーターでも貸し入れできます

正社員と比べると収入が少なくて不安定なフリーターですが、
きちんと働いて毎月収入があるならば審査にも通れるのです。

結婚などのライフイベントで突然の出費がかさみ、お金を貸し入れしたいなら、
あまり慎重になりすぎずに申し込みしてみてはいかがでしょうか。

案外、給料が少なくても審査に合格できるようですよ。

ちなみに、これまでにクレジットカードの支払いなどの滞納をした経験があると、審査に通りにくくなります。

「どうして審査に通らないんだろう?」と疑問になったら、
現在支払いが漏れているものがないかどうか確認してみてください。

審査に落ちてしまったからといって手当たり次第に申し込みをしてしまうと、
却って審査に通りにくくなってしまいますから、注意しましょう。

手当たり次第に申し込みをするとどうなるの?

カードローンの審査に落ちてしまったからといって、手当たり次第に申し込みをすると
“申し込みブラック”という状態になる可能性があります。

申し込みブラックとは、カードローンやキャッシングの申し込みをしても、
どの業者の審査にも落ちてしまう状態のことです。

その原因としては、短い期間に立て続けに申し込みをしたせいで、
業者側から“お金に困っている人”とみなされるというのがあります。

申し込みブラックを解除するには、最低でも6カ月はどこにも申し込みせずにおく必要があります。

これは信用情報機関というところに、あなたの申し込み情報が残っているのが6カ月だからです。
この間に何もしなければ、半年以上であなたの情報は消えてしまいます。

信用情報機関の情報は誰かに見られてしまうの?

信用情報機関には、あなたが貸し入れをしたという情報が載せられています。

それでは、この情報は誰にでも見られてしまうのかといえば、そうではありません。
信用情報機関の情報を見られるのは、消費者金融や銀行などの業者だけです。

したがって、申し込みブラックになったからといって、そのことが
家族・友達・同僚などに知られてしまうわけではありませんから、安心してください。

ところが、お金を滞納したときに送られてくる請求書は、同居している家族に見られてしまう可能性が高いです。

自分が帰宅する前に家族が郵便物をチェックする可能性がある方は、
カードローンの利用を秘密にしておくためにも、滞納しないように気をつけておきましょう。

誰にもバレずにお金を借りたいなら、きちんと返済するのが何より大切です。