過払い金請求後にも借入はできるのでしょうか?

昔の男に騙されたときの過去の傷……(女性/30代)

女性/30代20代になりたての頃に付き合っていた男性が、金銭感覚に問題のある方でした。

学生だった私は毎日ギャンブルに連れて行かれて、まだ10代を卒業したばかりなのに、
いつもタバコのにおいがついた服を着ていました。

私が働くようになると、彼はいつしか私にお金をせびるようになりました。

こうして私は彼の愛を失いたくないがゆえに借入を重ねたのですが、最後に残ったのは借金だけでしたね。それからは仕事一筋でコツコツと働いて、結構大きな金額を返済しました。

そんな返済に追われる20代を過ごしてきたのですが、今になって改めてお金の問題に直面しました。

清掃スタッフとして働いている私の給料では、東京都内で暮らしてゆけないのです。
せめて生活費の支払いまでに間に合えばいいのですが……。

そういうわけで、今度は自分のためにお金を借りたいと考えています。しかし、気になることが1点あります。

過去の借金に過払い金があったようで、数年前に弁護士に依頼をして過払い金請求をしているのです。
どうやら、過払い金請求後にキャッシングの申込みをするのは、難しいと言われているようです。

こんな私でも借入できるのかと思いきや、意外にも完済してからの過払い金請求であれば事故情報にならないようです。

今回はラッキーでした。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

過払い金請求をすると事故情報になってしまうのですか?

過去にお金を借りていた人の中に存在する可能性がある“過払い金”のことを、
最近テレビやラジオのCMでもよく目にする方が多いのではないでしょうか。

過払い金とは、払い過ぎてしまった利息のことです。

昔からお金を借り続けている方、すでに完済しているけれども
過払い金がある方は過払い金請求をするメリットがあります。

今は法律事務所の無料相談も充実していますから、試してみる価値があるでしょう。

さて、そんな過払い金請求ですが、きちんと完済する前に請求すると事故情報に載ってしまうおそれがあります。

しかし、しっかりと完済してからであれば、請求しても事故情報とはならないようです。
私は後者だったので、今回は申し込みをしても審査に通ることができました。

過払い金請求後の借入はどうしても難しいですか?

一般的に、過払い金請求後の借入は難しいと言われています。

先に述べたように、完済する前に過払い金請求をしてしまったら、なおさら借入が難しくなるでしょう。
キャッシングの申込みをすると審査がありますが、ここでは信用情報機関に登録されている情報がカギになります。

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、事故情報があるのに申し込みをしても、
審査に通る可能性はかなり低くなってしまうのです。

しかし、それでもお金を借りたいなら中小の消費者金融を利用するという手があります。

消費者金融と聞いて誰もが思い浮かべるような大手の消費者金融では、こういった事故情報があると
借入が難しいのですが、中小の場合はそれでもお金を貸してもらえる可能性があるのです。

名前を知らない業者だからと躊躇せず、いざという時は頼りにしてみてはいかがでしょうか?

事故情報は永遠に残ってしまうの?

過去の返済トラブルなどの事故情報ですが、これらの情報は永遠に残されてしまうのでしょうか?

実は信用情報機関にある情報は延滞についての情報で5年、
自己破産などの情報で7~10年程度保管されている
ようです。

つまり、この期間を過ぎてしまえば、事故情報がなかったことになるのです。

私のように過去になんらかの過ちで借入をしすぎてしまった方も、
10年以上経過すればその情報がなくなっている可能性も考えられます。

永遠に残ってしまうわけではありませんから、完済したら昔のことは水に流してしまいましょう。

それよりもこれから先のお金の問題について、計画的な借入をできるようにしたいですね。