銀行キャッシングの審査は厳しい?借りれる?

会社の付き合いでお金が足りなくなりました(男性/30代)

男性/30代大学院まで通い、同級生から2年遅れてプログラマーとして働き始めた私は、
早く社会人として周りに馴染めるようにと焦っていました。

大学院で技術を身につけたとはいえ、この歳になるまで勉強ばかりしていたと思われては
仕事もやりづらくなると考えて、上司や先輩とのコミュニケーションを大切にしたかったのです。

しかし、連日続く飲み会やキャバクラ通いはさすがに財布に堪えました

そのうえ、仕事が忙しくなると、浪費はエスカレートするばかりです。
おそらく職場のみなさん、ストレスが溜まっていたのでしょう。

ストレスを解消するために毎晩のように遅くまで飲み歩いているような状況です。

仕事が忙しくなるにつれて、「飲み会がなければもっと効率よく働けるのに……」と歯がゆい思いもしましたし、
お金はいつまでも貯まらないどころか、生活費が払えない時すらありました。

このような問題から、出費が多い月にお金を借りて出費の少ない月に返済できるサービスを調べたところ、
キャッシングを使うのがいいのではないかと考えました。

今は家計がピンチになったら、銀行カードローンでお金を借りています

店舗が家の近くにあるので、契約や融資を受けるのに便利そうだったのです。
申し込みをしたところ、意外とすんなり審査にも通れました。

プログラマーは給料が悪くないと聞いていたのですが、しばらくはこのようにカードローンで補う生活が続きそうです。

よくある質問

銀行キャッシングの審査は厳しい?

銀行カードローンの審査は、一般的に消費者金融の審査よりも厳しいと言われています。

その理由は、銀行カードローンの審査は“銀行の審査”と“保証会社の審査”の2つに通らなければならないからです。

通常のキャッシングでは、消費者金融業者の審査に通れば融資を受けられたのですが、
銀行カードローンの審査は2つの会社の審査をパスしなければならないという点で、難しいと言われているのです。

しかし、銀行カードローンの保証会社は、大抵の場合、大手の消費者金融業者が担当しています。

つまり、銀行カードローンの審査も消費者金融の審査も、それほど大きく異なるわけではありません。
銀行独自のチェックが入るので厳しいと言われているのですが、それほど構えずに申し込みしてみてはいかがでしょうか。

審査に受かるにはどうしたらいい?

銀行カードローンの審査に受かるには、まず前提として毎月定期的な収入があることが挙げられます。

カードローンは借りたお金を必ず返さなければなりません。だからこそ、働いている人でなくては利用できないのです。

現在、収入がない人はアルバイトでもパートでも構いませんから、
とにかく働いて毎月収入が入ってくる状態を作りましょう。

それから、過去のクレジットカードの利用状況やキャッシングの利用状況によって判断されることもあります。

これまでにクレジットカードで滞納したことのある人は、その情報が
信用情報機関に掲載されている可能性がありますから、審査に受かる確率が低くなります。

将来的にキャッシングを利用したいなら、実際に契約をする前からお金の管理はしっかりしておきたいですね。

銀行カードローンの返済はどのようにするの?

銀行カードローンの返済は、クレジットカードでの返済とは似て非なるものです。

クレジットカードでは翌日の決められた日に、先月の利用分が一気に引き落としされますよね。それに対して、銀行カードローンでは、使った金額のうち最低返済額以上の金額を振り込めばOKということになっています。

つまり、大きな買い物をしたとしても、一気に引き落としをされるわけではないので、
毎月無理なく返済できるのが魅力的です。

返済は、銀行のATMで行います。銀行のATMで借入と返済できるので、他の人からの視線も気になりません。

これからお金を借りようとお考えの方は、ぜひ銀行カードローンをご利用ください。
今は銀行カードローンも即日融資可能の店舗が増えてきています。

あなたにぴったりのサービスが見つかるといいですね。