銀行の借入は安心できるキャッシングの手段です

お金を使うのは若さを保つ秘訣!(男性/60代)

男性/60代定年までは、大きな病気もせずに真面目に事務職を続けてきました。

60歳で定年を迎えたあとは再雇用制度を利用して、
事務員として引き続き同じ会社でお世話になっています。

子どもたちも独立し、家を離れたことで妻と共に安心・安堵にあふれた日々を送っています。

第一線というよりは後輩の指導がメインで、
定時には退社し同僚と週5で飲みに行くようになってしまいましたよ。

妻は、私と2人分の食事を用意するのは不経済だと、飲んで帰ることを喜んでいるようでした。

もちろん私はこの歳なので泥酔するまでは飲みませんし、健康的ないいお酒だと思っています。

女の子が好きな若い社員にキャバクラに付き合わされて、上手い具合に資金源にされる始末です。
私自身も楽しんでいるのですが、後からお財布の中身を見てがっかり…なんて何度となく経験しました。

キャバクラの値段が思いの外高額だったときには、カードを使うこともあります。

請求額を見た時はそれはもう、冷や汗ものです。
先日も羽目を外し過ぎて、銀行に借入しなければいけませんでした。

還暦を迎えた私が融資を受けられるのか多少の不安はありましたが、
安定した収入が認められたのか審査が通ったのです。

これからも、心とお金の循環は活発にしたいものですね。

よくある質問

銀行の借入は、年齢制限はありますか?

融資を受ける際には必ず審査があるように、借入には年齢制限があります

会社により申し込み時点での年齢を明示している場合が多く、
60歳以上で借入をしたい場合は確認をしておくのが無難でしょう。

銀行系でも申し込み時年齢が60歳未満、65歳以下など条件に統一感はありませんので、
その点を気にしておくといいでしょう。

消費者金融系になると、60代ギリギリまで申し込み可能なところもありますので、
年齢だけでカードローンの申し込みをあきらめる必要はありません。

カードローンを申し込む際に注意点はありますか?

お金を借りる予定はないけれど、いざという時のためにカードローンを申し込むのであれば、
時間的に急を要する話ではないので問題はないでしょう。

しかし、お金が急に必要になる人だって多くいるはずです。

焦って複数の会社にカードローンを申し込むときに注意が必要になります。
審査する側が大丈夫か?と思うのは、短期間の間に何社も立て続けに申し込みを行っている場合です。

たとえば、1か月以内に3~4社に申し込みを行ったとすると、
“申し込みブラック”状態の可能性が高く、審査に通らないと考えておきましょう。

カードローンの利用が初めての場合は限度額が低く、足りない場合もあるはず…。

そんな時は、2社同じタイミングに申し込みを行い、借りたい金額に近づける方法がベターです。
申込方法はタイムラグをなるべく小さくするため、WEBがおすすめです。

何も考えずに、やみくもにカードローンを申し込むのではなく、一度クールダウンして
情報集めを行えば、失敗がなくスムーズに融資を受けられるでしょう。

銀行の借入のメリットは何でしょうか?

カードローンの利用を検討する際にできれば安心できる企業を使いたいと思うのが、借りる側の正直な気持ちでしょう。

一般的に銀行からの借入は信頼度が高い上に、様々なメリットが魅力です。
いくつか人気のポイントを集めてみました。

  • 返済金額がお得(金利設定が圧倒的に低い)
  • 銀行での借入は、総量規制の対象外になる
  • 即日融資が可能な場合もある

これらの条件は、融資を受ける時には大変魅力的です。

即日融資には条件がありますので、お金を借りたいときは
銀行口座を開設するなどの条件を満たしておく準備するのもいいでしょう。

銀行口座は、普段利用がなくて問題はありません。

時間があるときに、できることをするのはいざという時の備えです。
お得にお金を借りるには、ちょっとした工夫が必要というわけですね…。