自由業にもおすすめなのは銀行系カードローン

結婚資金が必要でした(男性/20代)

男性/20代学生のころから付き合っていた彼女と結婚することになりました。

計算してみると、挙式と披露宴だけで300万円以上かかります。
新婚旅行や新居への引っ越し代も考えると、貯金だけでは何とかならなそうでした。

お金のことで悩んでいた時、友人から
カードローンで借りればいいのではないかとおすすめされました。

彼の言葉を聞くまでお金を借りることを思いつかなかった私ですが、
借り入れをして結婚資金を用意することにしました。

しかし、私の職業はイラストレーターで、収入が安定しているとは言えないため、
審査に通過できるかわかりませんでした。

消費者金融の場合は限度額が低いと聞いたため、銀行系カードローンに申し込みましたが、
銀行の方が審査は厳しいと知っていたので、余計に不安でした。

しかし、一度カードローンを利用したことがあるのが幸いして、銀行で借りることができました。

カードローンを利用したおかげで挙式は好きなプランを選ぶことができ、彼女も喜んでくれました。
一生に一度のことなので、妥協せずに式を挙げることができてよかったです。

金額が大きいと、妥協しなければならないことも多いと思います。

けれど、そういう時は、キャッシングでお金を用意してみるのもいいかもしれません。

よくある質問

収入が安定していないと銀行系カードローンの審査に通らないですか?

カードローンには主に銀行系カードローンと消費者金融の2種類ありますが、
消費者金融の方が通りやすいと言われています。

しかし、消費者金融の場合は、金利が少し高くなります。

私は借りる額が大きいため、できれば銀行カードローンを利用したいと思いました。

私のようなイラストレーターや、カメラマン、芸能人などの場合、
たとえ収入が多くても審査はサラリーマンより厳しくなるようです。

安定して収入がある方が審査に有利です。

自由業の人がより審査の厳しい銀行系カードローンを利用するのは難しそうですが、
銀行から信用してもらえれば、自由業でも審査に通ることはできます。

私の場合は、以前会社員をしていた時に生活費を借りるためにカードローンを利用したことがありました。

期日に遅れず返していたため、信用度が上がっていたようです。
銀行は口座開設やカードローンの利用など、過去に取引のあった人への審査を比較的甘くする傾向があります。

今までカードローンを利用したことがない人でも口座を開設するなど、
少しでもつながりを作ってくと通過率が上がるので、ぜひ試してみてください。

銀行カードローンと消費者金融どちらがおすすめですか?

私の場合は銀行カードローンを希望していましたが、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

銀行のメリットは金利が安いことです。
最高限度額も多いので、大きな金額借りたいときはありがたいです。

収入証明書なしで借りられる金額も大きいです。ただし、審査は厳しめで、時間がかかります。

消費者金融は、銀行よりも審査が甘めになっています。
審査もスピーディーに行われます。即日融資を希望している場合は消費者金融を選んだ方がいいかもしれません。

ただ、金利は高めで限度額も低いことが多いです。

状況によって変わりますが、大きな金額借りたい場合、おすすめなのは銀行系カードローンの方です。
審査は厳しめですが、工夫によっては自由業でも通過できるので、挑戦してみてください。

金利が低いのは重要ですか?

金利が低いと毎月の返済額が少なくなるため、負担も減ります。

金利が低ければ毎月払う金額は同じでも、金利に払う分が減るため、その分多く元金に払うことができます。
結果的に早く返済することができます。

特に高額借り入れる場合は金利が少し低いだけで
返済総額に大きく差が出るので、金利が低いところを選びたいです。

例えば100万円を12か月で返済する場合、金利3.0%のところで借りたら金利分は1万6千円程ですが、
18%のところで借りた場合、金利分は10万円以上になってしまいます。

借入先を選ぶときは金利にも注目しましょう。