生活費にも利用OK口コミで話題の銀行系カードローン

骨董品集めに没頭するあまり生活費をまかなえなくなりました(男性/30代)

男性/30代私の趣味は骨とう品を集めることで、骨董市などに出かけることもあれば
ネットオークションをして集めることもあります。

ある日馴染みの骨董品屋に入ると、めったにお目にかかれない
古伊万里のお皿が置いてあるではありませんか。

金額はかなり高いものでしたが払えない金額ではないと思い早速購入しました。

それからしばらくして、骨董市をぶらついているとまた掘り出しものを見つけてしまったのです。
その日の手持ちは給料日までの生活費でしたが、欲に負けて購入してしまいました。

今回見つけたものと前回の古伊万里のお皿でほとんど貯金も手持ちもなくなってしまいました

さて、これからの生活を如何したものかと悩んでいたところ、銀行のカードローンの広告が目に入ったのです。

自分の浪費で生活費を悩ませているものだから、できれば親は頼りたくないと思い、
私はカードローンを利用することにしたのです。

しかし、なんの知識もなく不安もあったのでまずは口コミでも調べようと考えました。

すると、ある銀行系カードローンは金利も安いし使いやすく便利だ、
という口コミを見つけ早速相談しに行きました。

給料日までの期間に必要な分だけ融資して貰い、それを生活費充てることにしたのです。

カードローンのおかげでなんとか危機を乗り越えました。

よくある質問

生活費目的ですが、カードローンは利用できますか?

通常、銀行等で生活費のためにお金を借りることはできません。

銀行は教育ローンやマイカーローンなどの用途がはっきりしたものでないと、融資は非常に難しくなります。

しかし、カードローンは教育ローンやマイカーローンのように、特に細かい用途の指定はありませんので、
生活費目的、光熱費だろうと食費だろうとも問題はありません

ただし、カードローン会社によっては用途の違いで、
審査の評価に影響してしまう場合がありますので注意しましょう。

生活費の目的ならば、基本的に問題は無いでしょう。

ちなみにカードローンの利用で多いのは1位が娯楽や交際費、2位がなんと生活費なのです。

利用額も1万円から10万円以内が最も多いので、
やはり急にお金が必要になった時なんかに利用されているみたいです。

短期間での返済予定ですがどこのカードローンがお得ですか?

短期間で返済が終わる場合、お得なのが無利息のサービスです。

条件はありますが、大手・中小の消費者金融や一部の銀行系カードローンは無利息での融資が可能です。

利用する条件は基本的に共通しており、初回利用時のみに
30日間の無料期間が提供されますので、繰り返し使うのには向きません。

業者によっては、サービスを受けるためには
メールアドレスの登録が必要になるなど、条件も定められているようです。

また業者次第では複数回の無利息の利用が可能です。

銀行カードローンの中には、5万円までの借入で180日間無利息のサービスといった一風変わったものもあります。
どこも金利の上限が18%くらいでほとんど差がありませんから、自分が使いやすいものを選ぶといいでしょう。

返済不能になった場合取りたてはあるのですか?

よくドラマなんかで怖いお兄さんが取り立てに来たりする演出がありますよね。

では、現実こういうことはあるのでしょうか。
結論から言いますと、法律に則って営業しているホワイトな会社ならば取り立てのような事態にはなりません

現在の貸金業法では取り立て行為が細かく制限されており、違反した場合は営業停止などの罰則が着くのです。

禁止されている主な行為は、正当な理由もなしに利用者の勤務先に連絡をする行為や、利用者の利用状況などの情報を他人に漏らす、午後9時から午前8時の間に連絡を入れたり住居を訪問したりするなどです。

返済不能になった場合は請求と督促が届き、それでも支払い、
もしくは連絡がない場合は郵便物で法的手続きに移行といった内容が書面で届きます。

それでもという場合に裁判、強制執行という流れになります。

返済不能になることはけしていいことではありませんが、
身の危険が及ぶようなことはありませんので安心してください。