銀行系カードローンで多重債務をおまとめしました

塾の講師が儲かるのは昔の話、いまはすっかり苦しい時代ですね(男性/40代)

男性/40代塾講師の仕事は時給が良くて儲かると思っていますか?

実は最近は生徒がひと昔前に比べて減っているので、コマ数が激減しているのです。
生活はギリギリで、家賃や水道光熱費など払うのが精一杯になるときもありました。

それでも、教師のように縛られた世界で生きるのが
向いていない私には塾講師が天職に思えたのです。

勉強だけでは、息が詰まるので、私は進んでレクリエーション活動もしていました。
春には花見、秋にはバーベキューなどで交流を持つことは、今の子供たちに大切なことに思えたので——。

相手は生徒ですので、会費は最低限に抑えねばならず…。

私が負担する費用がついつい膨らんでしまうケースもありました。
家賃ひと月分が足りない時が立て続けにあり、何社かに分けてカードローンを利用してしまったんです。

家賃を払う義務だけに気を取られ、あとから返済に苦しむのは想像すらしていませんでした。

返済のために融資を受ける、いわゆる自転車操業状態に陥った時に出会ったのが、
多重債務を“おまとめ”できる銀行系カードローンでした。

おかげで、月々の返済額の負担が減り、もうじき完済予定です。

おまとめできていなかったらと思うとぞっとしますが、
これをよい教訓として生徒とも適度な交流を楽しもうと思っています。

口コミ人気No1の銀行系カードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 専業主婦やアルバイトをしている学生、収入面で不安な人でも借りれる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

多重債務に陥ったらどうしたらよいでしょうか?

カードローンの利用もIT化が進み、いまではインターネットを利用したお金の貸し借りは当たり前になっています。

ますます便利になるのは利用者側からすれば、大きなメリットであると同時に、
借り過ぎてしまうリスクが高まります。

また、カードローンは初回の借り入れの場合に融資額が低い場合があるので、
必要な金額にならない場合、他社からの借り入れを検討するのは当然のことですよね。

そこで陥りがちなのが、多重債務です。

多重債務とは、その名の通り複数社からお金を借りる意味ですが、
その行為自体に問題があるのではなく自身の返済が苦しくなるのが問題なのです。

単純に何社からかお金を借りれば、借りた企業分の返済があるため、
毎月の収入からは返済が難しくなってしまうのです。

多重債務の返済がキツイと感じた時は、おまとめローンという選択肢があります。

おまとめローンはどこがおすすめですか?

おまとめローンは、複数社からの借り入れを他社に一本化してしまうことです。

多重債務を抱える方が選択する手段のひとつで、月々の返済額を圧縮できるのが魅力です。
おまとめローンでよく聞くのが、銀行系カードローンです。

銀行系の魅力として、借り入れの限度額が大きいという特徴があります。

銀行系は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借り入れが可能ですので大変おすすめです。
銀行系は審査が…と不安を抱く方におすすめなのは、消費者金融系カードローンです。

パートやアルバイトでも利用できる点は、銀行系に比べ利用しやすいと言えるでしょう。

おまとめローンは、当然他社からの借り入れがあっても申し込みが可能ですので、
多重債務で悩んでいる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

総量規制って何ですか?

カードローンを利用する際よく耳にするのが、総量規制ですよね。

総量規制とは、貸金業法において貸し過ぎ・借り過ぎを防ぐために定められている規定です。

具体的には、個人向け貸し付けにおいて、
年収の3分の1を超える借り入れができないとする決まり事
です。

基本的にカードローンは返済できる金額を借りるべきなので、
この総量規制があることである程度の制御がかけられるので助かる方も多いでしょう。

だたし、気を付けたいのが貸金業法の規制でなく、銀行法で営業を行っている
銀行系カードローンの場合は総量規制の規制を受けません。

銀行系カードローンは金利が低いなどの高いメリットが特徴ですが、
借り入れ過ぎてしまうリスクがあるので気をつけたいところですね。