融資してもらうなら銀行系カードローンがおすすめです

妹と姪を助けるためにも生活費をどうにかしたい(女性/50代)

女性/50代長年OLをやってきました。独身で細々とですが、平穏に暮らしていました。

ある日突然、妹が離婚をして娘を連れてうちへやってきました。
妹は昔から夫による家庭内暴力に悩んでいました。

妹のことも姪のことも放っておくわけにはいきません。

家に住ませて、二人の生活費もすべて出してあげていました。
そんなことをしていたら、生活費が足りなくなってしまいました。

長年一人暮らしで節約することを考えない生活をしていたため、
3人で生活するとなると、すぐにお金が無くなってしまったのです。

恥ずかしながら貯金もなく、お金がない不安から傷心の妹につらく当たって
喧嘩してしまうこともあり、自己嫌悪の日々でした。

この状況を何とかしようと、銀行で融資してもらうことにしました。

勤続年数が長いことや大手企業に勤めていることが幸いしたようで、無事審査に通過できました
銀行系カードローンを利用したおかげで、生活が楽になり笑顔が増えました

妹もパートで働き始め、返済を手伝ってくれています。

あの時カードローンを利用しなかったら、今もぎすぎすした関係で
追い詰められた気分で生活していたかもしれません。

融資してもらって本当に良かったです。

口コミ人気No1の銀行系カードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 専業主婦やアルバイトをしている学生、収入面で不安な人でも借りれる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

勤続年数は信用度に関係ありますか?

信用度調査で、勤続年数は重要視されています。長いほど審査に通りやすくなります。

これからもそこに勤めて安定した収入を得て、きちんと返済してくれる可能性が高いからです。

消費者金融よりも銀行系カードローンの方が市は厳しいと言われていますが、
過去に延滞したことなどがなくて、正社員で長く勤めている場合には通るのは難しくないと思います。

銀行の方が金利は低くなっているので、借り入れできるのならば、銀行系カードローンをお勧めします。

生活費を理由に融資してもらうことはできますか?

カードローンを利用する理由で一番多いのが、生活費と交際費です。

もちろん、生活費を理由に借り入れをすることはできます
ただ、銀行は漠然とした借入理由を好まない傾向があります。

また、生活費というと今月だけではなく、これからもお金が足りなくなって、
返済できないのではないかと不安に思われてしまう可能性があります。

生活費が足りなくなった場合は車などを購入した、冠婚葬祭が重なった、急な環境の変化があったなどいつもは生活費に困っていないけれど、今回は特別なことがあってお金が足りなくなってしまったというように思ってもらうことが重要です。

借入時には単に生活費目的と書くのではなく、足りなくなった理由も併せて伝えましょう。

返済能力を認めてもらうことができれば、審査に通ることはできるはずです。

借入先はどうやって選ぶのがいいんでしょうか?

金利が低いところを選ぶと、返済するのが楽だと思います。

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンにはそれぞれにメリットはありますが、
私がおすすめするのは銀行系カードローンです。

金利が安いため、返済期間が長くなっても安心だからです。それに銀行だと安心感も大きいです。

銀行の場合、消費者金融よりも審査が厳しいところが多いのですが、
最近では消費者金融並みの審査基準で融資してくれるところも出てきています。

厳しい審査には通らないとあきらめている方も、一度調べてみてください。

消費者金融の中でも、金利にはかなり幅があります。相場は大体14%ですが、場所によっては3%のところもあります。

お得なところを選びましょう。100万円借り入れた場合、金利が0.5%違うと、一年で5000円も差が出てしまいます。
借りるなら、金利が低いところを選ぶのをおすすめします。

お得な借入先を選んで、負担なく返済しましょう。