個人で銀行融資を受ける方法ってあるの?

銀行カードローンで恋人を助けました。もうすぐ結婚です(男性/30代)

男性/30代年下の彼女との結婚を考えています。

しかし、大学を出ていざ就職という時期に彼女のお母さんが病気をしてしまって、
しばらく休職することになりました。

ここまで、女手ひとつで彼女を育ててきたお母さん……もしかしたら、娘が独り立ちするということでホッとして、気が抜けてしまったのかもしれませんね。

そんな彼女の家庭には、お母さんの入院費用を負担できる余裕はありません

彼女もこれから会社で働くところですから、稼げるようになるにはまだ時間がかかるでしょう。
そういうわけで、私が彼女を援助することに決めました。

とはいえ、私もまだ働き始めて数年ですから、収入は限られています

数か月のことですから、しばらくは少しばかり個人で銀行融資を受けようと考えました。

銀行でお金を借りるというと、住宅ローンやマイカーローンのように
使い道が定められているようなイメージがありますよね。

でも、個人融資であれば、使い道は自由です。利息も低めに設定されているので、迷うことなく利用することにしました。

お陰様で、個人で銀行融資を受けつつなんとか家計を維持できています
もうすぐ彼女との結婚も控えていますから、しばらくは2人で協力してお母さんを支えていきたいと思っています。

まだ先のことになりますが、頑張ります!

よくある質問

個人で銀行融資を受けるにはどうしたらいいの?

個人で銀行融資を受けるなら、銀行カードローンを利用しましょう

銀行カードローンというのは、使い道が自由な融資のサービスです。
専用のカードを使って銀行のATMからお金を引き出し、融資を受けます。

申込みをしてから審査を受けるのですが、銀行によっては最短で即日融資を受けるのも可能です。

銀行カードローンに申し込むためには、銀行の店舗内にある自動契約機から手続きをします。
銀行の中に大きな人が入れる機械があったら、それが自動契約機です。

中に入って情報を入力すれば、銀行によっては最短30分ほどで審査完了としてもらえます。

これから銀行で個人融資を受ける方は、ぜひ参考にしてみてください。
気軽に利用できますし、銀行が提供しているサービスということで信頼感もありますよね。

銀行カードローンは医療費に使っても大丈夫?

銀行カードローンは、借りたお金の使い道が自由なので何に使っても大丈夫です。

医療費はもちろんのこと、生活費をまかなうために利用もできますし、
少し高価なファッションアイテムを買う時にも利用できます。

中には、歯科や整形などの高額な自費診療のためにカードローンを利用する人もいるようです。
どんなことに使っても問題ありませんから、気軽に申し込みしてみてください。

ちなみに、銀行カードローンで借りたお金を事業資金として利用はできませんから、自営業の方はお気をつけください。

生活する中で足りない部分の費用をまかなう分でしたらどんなことにも利用できるので、様々なシーンで活用してみてください。私も彼女のお母さんの医療費だけでなく、自分のスーツを購入する際に利用するなどしています。

銀行融資の返済はどのようにするの?

銀行カードローンでお金を借りたら、銀行のATMから返済をします

たとえば、クレジットカードを利用した場合ですと、先月に利用した金額を翌月に一気に支払うことになっています。
しかし、カードローンの場合は1月に決められた返済額を返してゆけばいいので、家計へ一気に負担がかかるのを防げます。

これは、カードローンならではのメリットと言えるでしょう。

また、銀行カードローンは金利の低さもメリットのひとつです。
クレジットカードについているキャッシングの機能を利用するよりも低い金利で借入ができます。

長い目で見るのであれば、一度銀行カードローンで契約をしてしまった方がお得にお金を借りられるでしょう。

低金利で借入したい方にもおすすめします。