電気代が払えない?!お金のピンチの乗り越え方

自分が電気代を払えなくなるとは思ってもみませんでした(女性/20代)

女性/20代生活費が支払えなくなるなんてことが、まさか自分の身に起こるとは思ってもみませんでした。

事の発端になったのは過労からくるストレスで精神を患ってしまい、
仕事に出られなくなってしまったことです。

昔から保育士になりたいと夢見ており、専門学校へ通ってやっとのことで現場に入りました。

しかし、実際に保育士の職に就いてみると、子どもの面倒を見るよりも
はるかに過酷な仕事の数々が待ち受けていたのです。

何よりもつらかったのは、保護者の方々の対応でした。

こちらも大切なお子さんの命をお預かりしている立場ですから、心配事があるのも理解できますが、
それにしても常識を超えた対応を求める声が多くて驚きました。

そういうわけで、一度仕事を離れて別のアルバイトをすることになったのです。

しばらくは茫然として過ごしていたのですが、ある時ふと生活費の支払いのことを思い出しました。
その日は電気代の引き落とし前日でした。

このままでいると支払えないと思い、その日のうちにお金を借りられるサービスを探しました

アルバイトでも融資を受けられるキャッシングのお陰で、なんとかその月の支払いに間に合わせることができました。
あの時、キャッシングに申し込まなかったらと思うと、恐ろしい気持ちになります。

よくある質問

電気代が払えない時に使えるサービスは何かありますか?

毎月決まって支払う電気代などの光熱費は、滞納してしまうとライフラインがストップしてしまいます。

こうなると、実生活に影響が出てしまいますから、なるべく滞納は避けたいですよね。
そんな時に便利なのがキャッシングです。キャッシングとは、気軽にお金を借りられる融資サービスのことです。

生活費の支払いが間に合わない時などに利用できます。

キャッシングを利用するなら、銀行カードローンや消費者金融のサービスを使うのが一般的です。
銀行カードローンというのは、その名の通り銀行からお金を借りる個人向けサービスのことです。

消費者金融というのは、個人向けに融資をしてくれる金融業者のことです。

それぞれのサービスに特徴がありますから、あなたにとって使いやすい方のサービスを利用してみてください。

アルバイトでもお金を借りられますか?

銀行カードローンや消費者金融のサービスは、アルバイトとして働いている人でも利用できます

私のように仕事を辞めてしばらくアルバイトを続けている人や、
フリーターとして生計を立てている方でももちろん利用可能です。

パートや派遣社員として働いている女性が利用することも多いそうですよ。

どうして収入の少ないアルバイトでもお金を借りられるのかというと、
キャッシングの審査では収入の安定性を見られるからだそうです。

同じ職場で長く働いているほど、毎月の収入が安定しているということで合格しやすくなります。

正社員よりも収入が少ないからといって遠慮することはありません。
毎月きちんと稼ぎがあるなら、申込みしてみるといいでしょう。

その日のうちにお金を借りることもできますか?

どうしても緊急でお金を借りたい時もありますよね。

特に、電気代を始めとした光熱費や家賃は引き落としの日が決まっています。
残念ながら、支払いの日はお金がないからといって伸ばしてもらうことはできないのが現状です。

そんな時は、その日のうちにお金を借りられるキャッシングのサービスを利用しましょう。

融資までの流れがスピーディーな消費者金融の中には最短30分で審査し、
その日のうちにお金を借りられる
サービスも存在します。

銀行カードローンにも、即日融資可能なサービスがいくつもあります。

どうしても当日中にお金を用意したいなら、審査のスピードを重視した業者選びをしたいですね。
即日融資可能なキャッシングを利用して、大切な生活費の引き落としまでに備えておきましょう。